札幌色育・カラーセラピスト花緒里

札幌で人生が劇的に変わるヴィジョンスパイラルセッションと色で楽しみながら生きる力を育む色育をお伝えしています。

記事一覧(280)

みんなとうまくやりたいという気持ちが一番話をややこしくする

みんなと仲良くうまくやりたいなのになぜか嫌われてしまって冷たくされる怒られてしまう。。。誰かと揉めるのは嫌だしみんなとうまくやりたいだけなのに。。。そんな相談が最近とても多いです。みんなと仲良くしたいからみんなの意見を聞いているみんなはそれぞれに不満や要望をぶつけるあの人はこんな風に悪く言っていたとかこういう風にしたらいいと思うんだよね〜とかどうしてほしいとかこうしたいとかという具体的なお願いはしてこない嫌われたくないからとみんなの意見を聞いて自分の意見を持たないでいるので言われたままに行動し言われたままにやんわりと伝言する結果、みんなの意見を取り入れることはできず中途半端になってしまったり八方美人に思われてしまったり行動してしまったがために思わぬ悪い結果を招いてしまった時には別に頼んだわけではないとかそんなこと言った覚えはないと言って逃げられてしまって最後には悪者にされてしまうと言う損な役回りになってしまうのです。良かれと思ってやっているのになぜ自分ばっかり。。。(T ^ T)というお悩み。自分の意見を持たずに全員の意見を聞くと満場一致であれば問題はないですが人数が増えれば増えただけそううまくいくはずもなく。。。いい人でいようとしているので人の口を使って誰かを動かさそうと考えている人が近づいてきてしまいます。『この人の耳に入れておけば、〇〇さんに伝わるだろう』と言う考えを持っている人が知らず知らずのうちにまわりに増えていってしまうんです。じゃあどうしたらいいのかというと『私はこう思う』という自分の意見をしっかりと持ち伝えること  意見が違うと揉めるでしょう?と思うかもしれませんが考え方、捉え方はたくさんあって当然です別に対立したいわけではないということやりたいことでなければお願いされない限り「やります」と言わないこと代弁ではなくて本人の口から伝えてもらうことわざわざ間に入って巻き込まれてしまう必要はないですよね。自分の口で伝えないというのは本人にとって不都合があるからです。後々の責任は取りたくない自分は嫌われたくないけど思い通りにしたい味方を増やしたいそんな自分勝手な気持ちここがおかしいと思うんだよね〜こうした方がいいと思うんだよね〜などなどやって欲しそうな振る舞いには「へぇ〜、そう思うんだぁ〜」と流してしまいましょう。

せっかくの資格だからこそ深める工夫を

札幌市厚別区でカラーセラピーと色育の教室運営とセラピストを仕事として発信する方のためのSNSサポートをしています色の通訳師花緒里です。TCカラーセラピーは、5時間の初級講座を受講するとセラピストとして活動することができるようになります。資格を取得することは簡単で、初心者でもテキストに従って読み進めることでセラピーができるようになります。ただし、セラピストとして活動しカウンセリングをすることが簡単かと言えば全くもって、そんなことはありません。以前、コンビニでバイトするより楽でいいよねと言われたこともありますが。どちらが楽とか大変とかいう比ではないです。人様の心を扱うお仕事です。そんな簡単なものではありません。簡単に資格が取れてしまうのですぐにイベントなどに出展し活動されている方の中には『テキストを読み上げているだけで、何も響くものもなかった』『あなたはこうですね!と当てはめられてしまった』など、そう感じ取られてしまうこともあるのは事実です。そう言われてしまわないためには色をどう感じているのかなぜその色を選んでいるのか色にはどんな意味が隠されているのか見えていない部分にも意識を向ける必要があることと資格を取って終わりではないということ。カウンセリングを深めたいのならまずは自分自身でも、色を選び色の変化、心の変化をしっかりと感じることが必要なのではないかと思います。先日、色の意味を深めたいイメージの膨らませ方を教えて欲しいという相談を受けまして色の理解を深めるためのマインドマップ勉強会を開催しました。なぜマインドマップなのかマインドマップの描き方の基本イメージの膨らませ方などなどイメージが浮かぶってどういうことでしょう?そのイメージはどこから来るの?今までどこにあったの?