札幌色育・カラーセラピスト花緒里

札幌で人生が劇的に変わるヴィジョンスパイラルセッションと色で楽しみながら生きる力を育む色育をお伝えしています。

記事一覧(264)

少しずつ日常へ

札幌市厚別区でカラーセラピーと色育の教室運営とセラピストを仕事として発信する方のためのSNSサポートをしています色の通訳師花緒里です。9月6日に起きた地震により大変ご心配をおかけしております。7日の夜に電気が使えるようになり、近所のスーパーも短い時間ですが営業を再開しました。行列もありません。少しずつですが、日常に戻りつつあります。私の住んでいる地区の正確な震度はわかりませんが…マンションなので相当な強い揺れでした本当に怖かったです…しばらくしてから停電に。幸い、何を思ったのか家具の配置換えを思い立ち子ども部屋や寝室にある大きな家具を運び出し、リビングにあるパソコンはローテーブルに移動させていたため棚からいろいろ物が落ちたりしましたが大きな破損もなく怪我もなくすみました。暗闇は怖かったですが家族がバラバラの時間帯だったらと思うとゾッとします。マンションだと電気が通らなくなると、もれなく水が出なくなります。上の階まで水を運ぶためのポンプが稼働しなくなるため。断水ではなかったので1階まで降りれば水を汲むことができました。たまたま外に出たときに教えてもらって知りました。怖くて外に出られなかった高齢の方は翌日まで水が汲めることを知らずにいたそうです電気が使えないと館内放送もできないため避難訓練での流れも一切実践できずでした。スマホの充電もあっという間になくなってしまい連絡が取れなくなってしまいました。。。電気がないと本当に何もかもができないということを思い知りました。不安を和らげてくれたのは地域や土地柄なのかこんな大変な状況なのにピリピリしていないというかイライラして怒っている人は全くいなく水汲みに並んでいる時もスーパーで並んでいる時も信号の消えてしまった道路でも歩行者を優先させたりとどこでも穏やかで譲り合い落ち着いていたこと停電しているから連絡が取れないのも仕方ないことなのですが父が連絡の取れない施設に入っている祖母を心配し何度も公衆電話に並び電話をかけに行くので様子を見に行ってきたのですが、停電、断水の状況ですが、その施設のスタッフさんは不安にさせないために断水になっていることや地震についての話題には一切触れず暗くなる前に食事をし、断水になっている不自由さを感じさせないように配慮しているようで、祖母はトイレの水も止まっているとは知らない様子でした。自宅が断水になっていないスタッフさんが自宅から水を運んだり備蓄していた飲み水でしのいでいると話しお互いに頑張りましょうね〜!と見送ってくれました。その様子を伝えると父も安心していました。